前撮りの時にお遊びカメラをぶらさげてみた

今まではオフショットを撮る時もメインで使用しているカメラを構えて撮っていたのだけれど、どうしても上手く撮ろうとしてしまうメンタル面が少しひっかかっていた。
それなら画質もピント速度も今のカメラより少し劣っていて(それでもいいカメラですが)35mm単焦点、わかりやすくいえばメインカメラよりは使いにくいカメラをサブに掲げてはどうだろうと思い撮影してみた。
前撮りをしている2人がいる情景を、メインカメラマンでもある僕が少し俯瞰に、僕から見えた風景として撮った。


遊びカメラの位置づけと設定

遊びカメラの理想は、めっちゃうまい友達のが撮った様な写真。
(ただこれはあくまで僕の中の理想)

あとは、画質を優先すると無理が出そうなのでフィルムプリセット。
プリセットというのは色補正の際に使用する味付けのようなもので、いつもと調理方法が違うだけで、素材はとシェフは同じと考えてもらえばわかりよいです。

撮った写真を綺麗にしたり、逆にフィルム風な色に変えたりするんだけど、
今回はどちらかといえばフィルム風の味付けで現像した。
そう、あくまで風(ふう)なのでそれっぽいだけです。
(僕が使用しているのはLightroomというソフト、携帯でも使用できて便利です)

撮り方はといえば、一言で言うと  -適当-
適当に撮ることを優先してただただお喋りしている時や何気ない瞬間に適当に押す。
適当といっても、反応するタイミングというのはやはりあるので本能にしたがって押す感じでしょうか。


遊びカメラ撮影は思いの外、楽しくて新感覚

遊びカメラを使ってみての一番のメリットは無責任に撮れるということ。
右にぶら下げているメインカメラの方で前撮りとしてのカットはしっかり撮っているので、左にぶら下げたサブカメラは極端に言えば[撮れてなくてもいい]くらいの気持ちで居座ってもらった。


いい写真を撮ろうとせず、ただ前撮りを一緒に楽しんでいた記録です。














































とはいえ、
一緒に楽しんでくれる2人のポテンシャルが撮らせてくれるので、2人に感謝。
楽しい1日をありがとうございました。

また、いつかトライしてみようかな。



Instagram
https://www.instagram.com/susumukamigaito/

Umore wedding(京都で前撮り)
http://umore-w.jp/

andumore(京都で衣装選び)
http://www.andumore.jp/

The Photograph Umore(京都で少人数の結婚式)
http://umorehome.jp/

Umore family(京都で家族写真)
http://www.umorefamily.jp/

人気の投稿